読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

データベーススペシャリスト H29春 午後Ⅰ 問1

問題

データベースの設計に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

 D社は,グループウェア(以下,GWという)を主力商品とするソフトウェア開発会社である。D社では現在,次期のGWを開発しており,S君がデータベースの設計を行っている。

〔GWの主な機能〕

1.利用者管理機能
 GWでは,ユーザ,グループなどを用いてGWの利用者の情報を管理する。

  1. ユーザとは,GW上の利用者である。GWの利用者は,GW上でユーザ登録を行い,ユーザID及びパスワードを使用してGWにログインし,GWの各機能を利用する。
  2. グループとは,GW上の組織である。例えば,営業部,経理部などである。グループには,上位のグループを一つ定めることができる。
  3. ロールとは,GW上の役割である。例えば,経理担当者,経理責任者などである。ロールは,ロールIDで一意に識別し,ロール名をもつ。
  4. ユーザは,一つのグループに必ず所属し,これを主務グループと呼ぶ。ユーザは,一つ又は複数のグループに兼務として所属することができる。また,ユーザには,必要に応じて一つ又は複数のロールを付与でき,一つのロールを複数のユーザに付与することもできる。

 なお,上位のグループの中には,ユーザが一人も所属しないグループが存在する。

2.予約機能
 GWでは,スケジュール予約及び設備予約を行うことができる。例えば,打合せを行う場合に,出席者のスケジュール予約と会議室の設備予約を行うことができる。

  1. スケジュール予約とは,ユーザ自身又は他のユーザのスケジュールを予約する機能である。スケジュールを予約されたユーザは,そのスケジュールに参加するか否かを回答することができる。
  2. 設備予約とは,会議室,プロジェクタなど,あらかじめGWに登録された設備を予約する機能である。設備には,必要に応じて,当該設備の管理を行うグルプを一つ定めることができる。
  3. スケジュール予約及び設備予約は,それぞれを同時に予約することも,いずれか一方を予約することもできる。

3.コミュニケーション機能
 GWには,ユーザ間で直接メッセージをやり取りするメッセージ機能,及び特定のテーマに関してユーザ同士で議論できる電子会議機能が備えられている。

  1. ユーザは,1人又は複数のユーザにメッセージを送信することができる。送信先のユーザがメッセージを開封すると,開封日時が記録される。
  2. 電子会議とは,GW上の会議の単位である。電子会議には,例えば“プロジェクタの利用について”などの議題が定められる。ユーザは,新たな電子会議を作成することができる。
  3. 投稿とは,ユーザが電子会議上に文章を書き込むことである。
  4. 分野とは,電子会議を分類する単位である。例えば,総務,営業などである。

 電子会議は,いずれか一つの分野に属し,分野ごとに定められた表示順に従って一覧表示される。

4.ワークフロー機能
 GWには,簡易なワークフロー機能があり,申請及び承認の流れを定義し,定型業務として利用できる。

  1. 申請ひな形とは,各種申請のテンプレートである。例えば,経費申請,交通費申請などの種類がある。
  2. 決裁ルートとは,申請ひな形ごとに定められた,申請を処理する承認経路であり,一つ以上のステップによって構成される。
  3. ステップには,承認可能なユーザ,グループ又はロールを指定する。ユーザ,グループ又はロールのいずれで指定されているかは,承認者区分で識別する。
  4. ユーザは,申請ひな形を指定して各種申請を行うことができる。申請を行うと,決裁ルートの最初のステップに進む。
  5. 決裁ルートの各ステップに指定されている承認者は,自身が処理すべき申請に対して,承認処理として次のいずれかの処理を行う。

    ・承認:最後のステップでは,申請状態を決裁済にする。それ以外のステップでは,次のステップに進める。
    ・差戻し:一つ前のステップに戻す。ただし,最初のステップでは,差戻しができない。
    ・否認:申請状態を否認済にする。

  6. 申請を行ったユーザは,申請中の申請を取り消すことができる。取消しを行うと,申請状態は取消済となる。
  7. 承認処理を行うと,その都度処理内容がデータベースに新規登録される。
    なお,ステップの承認者をグループ又はロールで指定している場合,そのステップで複数のユーザが同時に承認処理を行うことはできない。

 ワークフロー機能の決裁ルートの例を図1に,承認画面の例を図2に示す。

f:id:honmurapeo:20170425180451p:plain

 

〔データモデルの設計〕
 S君は,概念データモデル(図3)及び関係スキーマ(図4)の設計を行った。

f:id:honmurapeo:20170425180508p:plain

f:id:honmurapeo:20170425180520p:plain

 図4の関係スキーマの主な属性とその意味・制約を,表1に示す。

f:id:honmurapeo:20170425180536p:plain

〔T部長の指摘事項〕
 S君の上司であるT部長は,S君が設計した成果物を確認し,次の事項を指摘した。
 指摘事項①:ロールを管理するデータ構造が設計されていないので,ロールを用いて承認者を指定することができない。
 指摘事項②:承認処理を行う際に,不具合が発生するおそれがある。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 (公表前)

採点講評

 (公表前)