情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

ES H25春 午前Ⅱ 問6

 ページング方式の仮想記憶において,ページフォールト発生時の動作状況が次の場合に,主記憶の平均アクセス時間が最も改善される対策はどれか。

〔ページフォールト発生時の動作状況〕

  1. 主記憶アクセス1回の時間は200ナノ秒である。
  2. 主記憶アクセス200万回に1回の割合でページフォールトが発生する。
  3. ページフォールト1回あたり600ミリ秒のオーバヘッドを伴う。
  1. 主記憶アクセス1回の時間を1/5に改善する。
  2. 主記憶アクセス1回の時間を1/8に改善する。ただし,ページフォールトの発生率は1.1倍となる。
  3. ページフォールト1回当たりのオーバヘッドを1/3に改善する。
  4. ページフォールトの発生率を1/2に改善する。

 

答え

      ウ

解説

 XXX

  1. XXX
  2. XXX
  3. XXX
  4. XXX

 

関連情報

オンラインテキスト

 

キーワード

過去の出題