情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

ES H26春 午前Ⅱ 問20

 エラー埋込み法では,検出したエラー数を測定することによって,その時点での埋込みエラー数を除いた潜在エラー数Tを測定することができる。
 Tを求める次の計算式の変数A,B,Cに対する項目の適切な組合せはどれか。

  総エラー数 = A × B / C
  T = 総エラー数 − A − (B − C)

f:id:honmurapeo:20170118190524p:plain

 

答え

      イ

解説

 XXX

  1. XXX
  2. XXX
  3. XXX
  4. XXX

 

関連情報

オンラインテキスト

 

キーワード

過去の出題