情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

ES H27春 午前Ⅱ 問6

 信頼性ブロック図の説明として,適切なものはどれか。

  1. システムで発生する欠陥数の累計を時系列に示したものであり,その傾向から将来の欠陥数を推定することができる。
  2. システムを構成する各要素の故障が,システム全体へ影響するかどうかを示したものである。
  3. 信頼性又は安全性の面から,発生が好ましくない事象について,その発生経路,発生原因及び発生確率をフォールトの木として示したものである。
  4. 設計の不完全性及び潜在的な欠陥を見いだすために,構成要素の故障モードとその上位アイテムへの影響を示したものである。

 

答え

      イ

解説

 XXX

  1. XXX
  2. XXX
  3. XXX
  4. XXX

 

関連情報

オンラインテキスト

 

キーワード

過去の出題