読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

PM 21春 午後Ⅰ 問1 設問3

問題

〔リスクの監視コントロール〕
 内部設計の開始からしばらくして,L社の進捗が遅れ始めた。D氏が原因を分析した結果,テレビ会議での指示が正確に伝わっていない点,L社がプロジェクト管理に不慣れな点,L社への技術移転が遅れている点の3点の複合的な影響であることが分かった。D氏は,影響はまだ軽微であるが,技術移転の遅れへの対応は早めに実行する必要があると,リスク管理表から判断した。
 内部設計が半ばに差し掛かった段階で,C社のほかのプロジェクトで緊急事態が発生し,K社プロジェクトの要員の1人を応援に出さなければならなくなった。D氏は,交代要員を早めに配置し,K社プロジェクトの仕様の理解と,異動する要員との引継ぎを行わせることにした。②D氏は,この対応を実行するには,コストへの影響が出るので,事業部長の承認を得る必要があると判断した

設問3

〔リスクの監視コントロール〕について,⑴〜⑶に答えよ。

D氏はなぜ,影響が軽微な段階でも,技術移転の遅れへの対応は早めに実行する必要があると,リスク管理表から判断したのか。20字以内で述べよ。

D氏が実行することにした技術移転の遅れへの対応とは何か。20字以内で述べよ。

本文中の下線②について,D氏は,なぜ,事業部長の承認を得る必要があると判断したのか。30字以内で述べよ。

 

解答例・解説

設問3

リスクの影響度が大きいから

XXX

技術移転の専任者をL社へ派遣する。

XXX

・マネジメント予備の使用が必要だから
・計画時に想定していないコストだから
・K社プロジェクトの予算外のコストだから

XXX