読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

PM 21春 午後Ⅰ 問4

問題

ソフトウェア開発の品質管理に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

 中堅のソフトウェア会社であるE社は,W杜の携帯電話のソフトウェア開発を受託した。受託したソフトウェアは,機能A,機能Bの二つの機能で構成されている。外部設計は委任契約,内部設計から結合テストまでは請負契約を締結する。
 外部設計が完了し,機能Aが16kステップ,機能Bが24kステップ,合計では40kステップの開発規模見積りとなった。E社は,内部設計の開始から20週間後に結合テストを完了させる条件で,請負契約を締結した。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 システム開発プロジェクトにおいて,プロジェクトマネージャ(PM)は,品質に関するリスクを勘案し,費用対効果に優れた品質管理計画を立案し,その計画に従って適切に品質をモニタリングすること,問題の兆候やリスクの顕在化を察知した場合には,迅速に対処することが求められる。
 本問では,開発とテストの体制を分離してリスクの軽減を図ったプロジェクトをモデルとして,PMの品質管理に関する知識や実践力を評価する。

採点講評

 問4では,開発とテストの体制を分離してリスクの軽減を図ったプロジェクトについて出題した。品質管理指標の基準値と許容範囲に照らした品質の判断と対処に関する設問3⑴,⑵や,レビューの改善に関する設問2⑵の正答率は高く,品質を管理するための基本はおおむね正しく理解されていた。
 設問1は,プロジェクトマネージャが今回のプロジェクトを遂行する上で,品質向上,リスク軽減のために検討した諸施策に関して問うたが,⑴~⑶のいずれも正答率がやや低かった。特に,設問1⑶において,“検証が正確かつ容易に実施できるか”という観点でレビューをさせたことの意図を見落とし,結合テストの工程短縮に至る理由を適切に記述できていない解答が目立った。テスト工程の改善につながる作業を上流の工程で実施することによって,テスト工程のリスクの軽減や,品質向上,工程短縮などの好循環を生み出すことができる場合がある。プロジェクトマネージャとして,プロジェクトの状況に応じた適切な方法を選択する実践力を身に付けてほしい。
 全般的に設問や本文中に書かれている背景や条件を見落とした解答が目立った。プロジェクトマネージャにとって“何が問われているのか”を正しく理解することは,利害関係者の要求を適切にマネジメントするためにも必須のスキルである。5W1Hを意識して本文,設問を読み,的確に解答してほしい。