読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

PM 22春 午後Ⅰ 問2 設問3

問題

〔プロジェクト計画の策定〕
 キックオフミーティングの実施を受けて,S氏は,プロジェクト計画を策定することにした。今年度末までの残り時間が少なくなっていることから,早急にプロジェクトのスコープを確定する必要があると考え,業務監査室長,経理部長と協議を行った。両者に対し,現在の状況を説明して対象範囲の絞込みを打診したところ,業務監査室長からは,業務担当者への教育を徹底し,かつ,ある範囲のEUC業務をすべて含めるようにとの条件付で,また,経理部長からは,対象範囲から除外する部分については,来年度に別プロジェクトとして実施するようにとの条件付で,それぞれの了承を得られた。その結果を受け,昨年実施したEUC業務の分類を基にして,財務諸表に与える影響度の大きさと,それぞれのEUC業務の移行に必要な  a  を考慮した上で,今年度中に開発可能な範囲に絞り込んだプロジェクト計画を策定し,委員会の開催を依頼した。委員会において,S氏の提案したプロジェクト計画が承認された。

設問3

〔プロジェクト計画の策定〕について,⑴,⑵に答えよ。

業務監査室長から移行対象に含めるようにと条件の付いた,ある範囲のEUC業務とは何か答えよ。

本文中の  a  に入れる適切な字句を答えよ。

 

解答例・解説

設問3

影響度の“大”のもの

XXX

・開発期間
・開発工数

XXX