読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

PM 22春 午後Ⅰ 問3 設問2

問題

〔体制とスケジュールの検討〕
 B課長は,体制の検討に着手した。B課長は,部下の中からメンバを選任した。部下には現行システムの開発経験者がいなかった。次にスケジュールの検討に着手した。業務機能開発のスケジュールを策定し,移行作業は,新システムのデータ設計が終盤に差し掛かる10月上旬から開始しようと考えた。B課長が現行システムの設計書を確認したところ,データ項目の更新契機と更新内容についてのまとまった記述がなかった。B課長は,移行方式設計に,当初想定していた以上の作業期間が必要になると考え,移行方式設計の開始時期を早め,現行システムのデータ項目について,更新契機と更新内容の整理を行うことにした。また,その作業を確実に進めるために,現行システムの業務機能の追加開発と運用保守を担当している情報システム部の責任者に,新システムの体制に関してある要請を行い,了解を得た。
 システム再構築のスケジュールを図に示す。

f:id:honmurapeo:20161224175218p:plain

設問2

〔体制とスケジュールの検討〕について,B課長が,現行システムの業務機能の追加開発と運用保守を担当している情報システム部の責任者に対して行った要請の内容を,25字以内で述べよ。

 

解答例・解説

設問2

現行システムの開発経験者を参加させる。

XXX