情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

PM 22春 午後Ⅰ 問3 設問4

問題

〔移行総合テストの状況〕
 2月の最終週となった。移行総合テストで課金インタフェースファイルの比較を行った結果,本番移行の対象データのうちの200件のデータの値が一致していないことが判明した。原因を追究したところ,過去に利用部門が業務機能を利用して,これら200件のデータの値を個々に変更していたことが分かった。この変更に関して利用部門から情報の提供はなく,移行プログラムで対応していなかった。この200件のデータを,現行システムでの変更に合わせた値となるように,移行プログラムで対応するには,多くの箇所に修正を加える必要がある。B課長は,対策案として次の二つの案を検討した。

 案1:移行プログラムを修正する。
 案2:本番移行の中で,利用部門が業務機能を利用して,対象データの値を個々に変更する。

 B課長は,案1で想定されるリスクへの対策を検討した。また,案2が本番移行時に確実に実施できることの検証を行った。

設問4

〔移行総合テストの状況〕について,⑴,⑵に答えよ。

B課長が,案1で想定したリスクを,30字以内で述べよ。

B課長が,案2が本番移行時に確実に実施できることを検証するために行った内容を,35字以内で述べよ。

 

解答例・解説

設問4

・修正が間に合わず,サービス開始が遅延する。
・デグレードし,データ移行の見通しが立たなくなる。

XXX

・実際に業務機能を利用して,正しく変更できることを確認する。
・業務機能で変更したデータで比較し,一致することを確認する。
・作業時間を測定して,本番移行の時間内で実施可能かどうかを確認する。

XXX