読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

PM 22春 午後Ⅱ 問3

問題

システム開発プロジェクトにおける進捗管理について

 プロジェクトマネージャには,プロジェクトのスケジュールを策定し,これを遵守することが求められる。クリテイカルパス上のアクティビティなど,その遅れがプロジェクト全体の進捗に影響を与えるアクティビティを特定し,重点的に管理することが必要となる。
 このようなアクティビティの進捗管理に当たっては,進捗遅れの兆候を早期に把握し,品質を確保した上で,完了日を守るための対策が求められる。例えば,技術的なリスク要因が存在するアクティビティに対してスキルの高い要員を配置したり,完了日までの間にチェックポイントを細かく設定して進捗を確認したりする。また,成果物の完成状況や品質,問題の発生や解決の状況などを定期的に確認することによって,進捗遅れにつながる兆候を把握し,進捗遅れが現実に起きないような予防処置を講じたりする。
 こうした対策にもかかわらず進捗が遅れた場合には,原因と影響を分析した上で遅れを回復するための対策を実施する。例えば,進捗遅れが技術的な問題に起因する場合には,問題を解決し,遅れを回復するために必要な技術者を追加投入する。また,仕様確定の遅れに起因する場合には,利用部門の責任者と作業方法の見直しを検討したり,レビューチームを編成したりする。進捗遅れの影響や対策の有効性についてはできるだけ定量的に分析し,進捗遅れを確実に回復させることができる対策を立てなければならない。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

 

設問ア

 あなたが携わったシステム開発プロジェクトの特徴と,プロジェクトにおいて重点的に管理したアクティビティとその理由,及び進捗管理の方法を,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べたアクティビティの進捗管理に当たり,進捗遅れの兆候を早期に把握し,品質を確保した上で,アクティビティの完了日を守るための対策について,工夫を含めて,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた対策にもかかわらず進捗が遅れた際の原因と影響の分析,追加で実施した対策と結果について,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 プロジェクトマネージャ(PM)は,策定したスケジュールを遵守するために,クリティカルパス上のアクティビティなど,その遅れがプロジェクト全体の進捗へ影響を与えるアクティビティを特定し,重点的に管理する。
 本問は,重点的に管理することとしたアクティビティについて,進捗遅れの兆候を早期に把握し,品質を確保した上で,完了日を守るために行った対策,及びこうした対策にもかかわらず,進捗が遅れた際の原因と影響の分析,追加で実施した対策とその結果について,具体的に論述することを求めている。論述を通じて,PMとして有すべきプロジェクト状況の把握能力,進捗管理に関する知識や実践能力などを評価する。

採点講評

 重点的に管理するアクティビティを特定して進捗管理を行った経験がうかがえる論述が多かった。しかし,進捗遅れの兆候の把握と完了日を守るための対策との関連がうかがえない論述,発生した進捗遅れへの対処の説明に終始し進捗が遅れた際の原因や影響の分析に言及していない論述も見られた。