情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

PM 24春 午後Ⅰ 問4 設問3

問題

〔結合テストの管理指標〕
 K課長は結合テストにおいて,テスト項目と障害の数を開発チーム別に集計できるように,テスト項目と障害の数についてのチーム別の集計ルールを設定した。その上で,開発チーム別に,横軸にテスト実施率,縦軸に累積の障害摘出数をとったグラフを作成し,障害の発生状況を監視する。最終的に,グラフの軌跡が④ある傾向を示すことを確認する。
 また,開発チームに関する管理指標を表1のように定義して,遅延チームが発生する予兆の検知や,遅延チームの進捗遅れの影響を評価する。

f:id:honmurapeo:20161224160533p:plain

  • 管理指標No.  f  で,開発チームの障害改修の作業品質を確認する。
  • 管理指標N.3で,開発チームが改修完了予定日を適切に設定しているか,当 初設定した改修完了予定日を守れているかを評価する。
  • 管理指標No.1,管理指標No.  g  ,及び開発チーム別の今後に計画されている作業工数から,残障害見込数と改修能力のアンバランスを起因として遅延チームになりそうな開発チームがないかを監視する。管理指標No.  g  と開発チーム別の今後に計画されている作業工数から求めた改修可能な障害数が,管理指標No.1よりも少ない場合は,応援メンバの投入などの具体的な対策を実施する。

設問3

〔結合テストの管理指標〕について,⑴〜⑸に答えよ。

本文中の下線④のある傾向とは,どのような傾向か。15字以内で述べよ。

表1中の  b  に入れる適切な字句を,15字以内で答えよ。

表1中の  c    d  に入れる適切な字句を,20字以内で答えよ。

表1中の  e  に入れる適切な字句を,25字以内で答えよ。

本文中の  f    g  に入れる管理指標No.を答えよ。

 

解答例・解説

設問3

障害の摘出が収束する傾向

XXX

・障害の改修能力
・1 件当たり障害改修工数

XXX

c:改修済障害の改修に要した総工数
d:・改修完了予定日に対する遵守率
 ・改修完了予定日に対する遅延率

XXX

dを“改修完了予定日に対する遵守率”と解答した場合
・改修完了予定日を遵守した改修済の障害数
dを“改修完了予定日に対する遅延率”と解答した場合
・改修完了予定日に遅延した改修済の障害数

XXX

f:4 g:2

XXX