情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

PM 25春 午後Ⅰ 問1

問題

設計ドキュメント管理システムの開発プロジェクトに関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

 K社は,大型製造装置の設計から施工・保守までを請け負うエンジニアリング企業である。K社の売上の多くは,海外の顧客によるもので占められており,建設現場は各国に点在している。大型製造装置の建設では,多くの設計ドキュメントを顧客,現場事務所,設計協力会社と本社との間で共有し,業務を進める必要がある。K社は,図1に示す,自社で開発した,設計ドキュメントの保管,作成状況の管理をするための設計ドキュメント管理システム(以下,EDMSという)を利用し,これまで業務を進めてきたが,社外からEDMSへ直接アクセスできないので,次のような問題が顕在化していた。

  • 顧客から設計担当者に対して,電子メールで設計の進捗状況の確認が行われ,その対応のための工数が掛かっている。
  • 現場事務所へは,1日1回のバッチ処理で設計ドキュメントをコピーしているので,現場事務所の担当者が最新の設計ドキュメントを参照できない。
  • 設計協力会社からは,設計ドキュメントを電子メルで登録担当者宛てに送信してもらい,登録担当者がEDMSに登録している。登録にタイムラグがあり,設計担当者のレビューをタイムリに実施できない。

 これらの問題を解決するため,図2に示す,新しいEDMS(以下,新EDMSという)を開発することにした。

f:id:honmurapeo:20161218132642p:plain

 設計ドキュメントには,顧客の機密情報を含むドキュメント類も含まれるので,取扱いには十分に注意する必要がある。電子化してサーバに保管する際には,サーバの管理状況を明確に把握する必要がある。サーバの運用を委託する場合は,定期的な管理レポートを顧客が要求する形で報告し,顧客が要求する場合には,サーバの管理について監査を行うことが,顧客との契約条件となる場合がある。新EDMSの開発に当たって,システムの一部の運用を委託する場合には,これらの要求事項を満たす必要がある。開発プロジェクトは今年4月1日から開始することとし,K社は情報システム部のL氏をプロジェクトマネージャ(PM)に任命した。

 

〔プロジェクト計画〕
 L氏は,検討の基本となる案(以下,基本案という)を作成した。必要な作業項目,作業に掛かる期間などを表1に示す一覧表にまとめ,作業の流れを図3に示す作業工程図にまとめた。

f:id:honmurapeo:20161218132702p:plain

f:id:honmurapeo:20161218132722p:plain

基本案の前提は次のとおりである。

  • EDMSは,K社の業務に合わせて様々な機能が組み込まれているが,新EDMSの開発では,既存の仕様を利用することによって,開発工数は少なく済むと想定する。
  • サーバ類はデータセンタに集中設置し,現場事務所にはサーバを置かず,クライアント環境の整備だけで対応できる仕様とする。
  • データセンタと各現場事務所の間は,専用線でそれぞれ1対1に接続する構成を想定する。
  • 開発工程のうち,製造・テストはハードウェアの設置・設定の後に本番サーバ環境で行い,現場事務所環境を含めた結合テストは現場事務所環境整備の後に行う。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 プロジェクト計画の策定段階において,プロジェクトマネージャ(PM)は,複数の計画案を比較検討しなくてはならない場合がある。その際に,スケジュールへの影響や,顧客や事業部門などのステークホルダの要求への適合性などを総合的に検討し,最も適切な案を採択するプロセスを踏む必要がある。
 本問では,プロジェクト計画の複数の案を比較検討する場合を取り上げ,プロジェクト計画策定の基本的な能力である,ステークホルダマネジメント,スケジュール作成,リスク対応計画の策定などについて問い,PMとしての基本的な能力を評価する。

採点講評

 問1では,ステークホルダマネジメント,スケジュール管理,リスク対応計画の策定など,プロジェクト計画策定の基本的な事項について出題した。作業工程図に基づいたスケジュールの検討やクリティカルパスの判定など,スケジュール管理の基本的な問題については,正答率は高かった。
 設問1⑵では,システムの専任者がいない現場事務所の負担軽減という要望への対応策を解答する設問であったが,サーバ監査の受入れという視点からの対応策を記述している解答が散見された。対応すべきステークホルダの要求を正確に把握して,その要求に適切に対応する姿勢を身に付けてほしい。
 設問2⑵では,外部設計の作業について当初の前提条件が変わったことを受けて,そのリスクについて解答する設問であったが,既存のEDMSとZ社アプリケーションソフトウェアの機能が相違する可能性の指摘だけで,スケジュールへの影響の指摘がない解答が目立った。プロジェクトのリスクの把握については,前提条件がどのように変わったか,それが管理対象項目(この設問の場合はスケジュール)にどのような影響をもたらすかという視点を明確にして,解答するようにしてほしい。