情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

PM 25春 午後Ⅰ 問1 設問2

問題

〔スケジュール検討〕
 L氏は,各社のクラウドサービスの内容と基本案の作業項目を比較し,各クラウドサービスを利用した場合の作業項目と開発期間への影響,及び課題を次のとおり検討し,開発期間の再見積りを行った。

  • X社のクラウドサービスを利用した場合は,Bの作業が不要となり,開発期間は  a  か月となる。
  • Y社のクラウドサービスを利用した場合は,Bの作業が不要となり,C,Dの作業期間が半減するので,開発期間は  b  か月となる。
  • Z社のクラウドサービスを利用した場合は,Bの作業が不要となり,C,D,G, Hの期間が半減する。一方,Eの作業については,Z社のアプリケーションソフトウェアの機能を確認した上で設計を進めることになるので,2倍の期間を想定する。その結果,開発期間は  c  か月となる。しかし,既存のEDMSの仕様を前提とするという新EDMSの機能面の特性を考慮すると,Eの作業についてのこの想定にはリスクがあると考えた。

設問2

〔スケジュール検討〕について,⑴,⑵に答えよ。

本文中の  a    c  に入れる適切な数字を答えよ。

L氏は,Z社のクラウドサービスを利用した場合,既存のEDMSの仕様を前提とするという新EDMSの機能面の特性を考慮すると,Eの作業についてのこの想定にはリスクがあると考えた。そのリスクとは何か。30字以内で述べよ。

 

解答例・解説

設問2

a:10 b:9 c:8

XXX

K社の業務に合わせた機能への対応に期間が掛かる。

XXX