読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

PM 25春 午後Ⅰ 問2 設問1

問題

〔計画書の確認〕
 S課長は,経営管理部が策定した計画書を確認した。計画書によれば,C社では週次に経営会議を開催し,経営課題に対する意思決定を行っている。経営状況に関しては,各事業部の報告書から,経営管理部が手作業で集計して確認している。モニタリングシステムは,この手作業の部分をシステム化することを目的としており,主な要件は,各事業部の既存の業務システムから必要なデータを抽出し,経営会議資料に集約することである(図1参照)。したがって,機能はデータ集計とレポート作成だけであり,各事業部との調整は不要と想定し,開発期間は6か月と短期間に設定している。

f:id:honmurapeo:20161224134714p:plain

 S課長は,計画書の妥当性を確認するため,C社の事業部のシステム開発を担当しているR社のT課長を訪問し,C社の業務システムの状況についてヒアリングを行った。ヒアリング結果の概要は次のとおりである。

  • システム開発が各事業部の業務担当者主導で行われており,全社の業務プロセスの整理が十分に行われていない。
  • その結果,類似のデータ項目が複数の業務システムにあり,更新のタイミングも異なるので,データ項目間の整合性は必ずしも取れていない。
  • システムの基盤も個別に構築されてきており,運用が複雑化しているので,システム部で,W社のミドルウェアをベースとした新基盤への移行計画を進めている。

 S課長は,計画書にはプロジェクト管理上のリスクが含まれている可能性があると感じ,プロジェクトの実行計画策定に際して,経営会議メンバのモニタリングシステムに対する要求内容の確認が必要であると考えた。また,新基盤への移行計画 については,状況を把握しておく必要性を感じた。

設問1

〔計画書の確認〕について,S課長は,計画書のどの部分にプロジェクト管理上のリスクが含まれている可能性があると感じたのか。45字以内で述べよ。

 

解答例・解説

設問1

機能はデータ集計とレポート作成だけであり,各事業部との調整が不要と想定している点

XXX