読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

PM 25春 午後Ⅰ 問3 設問4

問題

〔データ移行の計画〕
 B部長は,N課長からM社のデータ移行に関する検討結果について次の報告を受けた。

  • データ移行については,M社の基幹システムのデータの仕様を熟知しているM社システム管理課の要員が担当するのが妥当である。
  • M社では6月と12月に定期改修を予定しており,データの仕様を変更する可能性がある。定期改修は,M社システム管理課の要員だけで実施する予定である。
  • M社システム管理課の要員は新システムのデータの仕様を理解していないので,移行方式設計に時間が取られそうだ。移行方式設計を短期間に完了させなければ,移行ツール開発を来年1月末までに完了させることは難しい。

 報告を受けたB部長は,移行方式設計の前にM社のデータの仕様を凍結することと,⑥あることを理由に今年12月の定期改修を中止するようM社と調整し,M社もこれに合意した。
 また,B部長は,N課長に⑦M社の移行方式設計をA社と共同で行うよう指示した

設問4

〔データ移行の計画〕について,⑴,⑵に答えよ。

本文中の下線⑥で,B部長が今年12月の定期改修を中止するようM社と調整した理由として,データ仕様の凍結の他に考えられるあることとは何か。25字以内で述べよ。

本文中の下線⑦で,B部長がN課長にM社の移行方式設計をA社と共同で行うよう指示した理由は何か。30字以内で述べよ。

 

解答例・解説

設問4

M 社のデータ移行のための要員を確保すること

XXX

新システムのデータ仕様が早期に把握できるから

XXX