情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

PM 26春 午後Ⅰ 問1 設問1

問題

〔スコープマネジメント〕
 新人材管理システムの要件定義を開始するに当たって,人事部L部長を委員長とする要求検討委員会を設置して要求を整理することになった。経営会議での指示を受け,人事部以外に営業部門のM部長をメンバに加えることにした。K氏は,要求検討委員会に参加し,人事部と営業部門の要求を確認することにした。
 委員会の冒頭に,新人材管理システムのシステム化計画をまとめた人事部のN課長から,新人材管理システムの開発範囲は,人材に関する情報を一元的に管理する仕組みの構築であることが説明された。これに対し,営業部門からは“営業活動における問題点も解決できるよう,過去の類似案件の経験者や,必要な公的資格保有者を迅速に把握できるようにしてほしい。案件を受注した後の要員の稼働状況を確認する機能も追加してほしい。”などの要求が出された。K氏は,開発期間の制約もあり,全ての要求を来年4月1日までに実現することはできない旨を説明し,要求を集約することを求めた。しかしながら,その場では要求を集約することはできなかったので,K氏が,要求を集約する案をまとめ,次回の要求検討委員会で報告することになった。
 K氏は,要求の集約方法を検討するに当たって,改めて要求の背景となる①現状の業務上の問題点を一覧表にまとめ,関係部門の要求がどの問題点に起因しているかを整理すべきだと考えた

設問1

〔スコープマネジメント〕について,本文中の下線1の狙いは何か。30字以内で述べよ。

 

解答例・解説

設問1

起因する問題点の影響度から要求の優先順位を付ける。

XXX