読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

PM 27春 午後Ⅰ 問1 設問3

問題

〔ステークホルダの望ましい状態〕
 K氏は,表1及び図2をI部長に報告し,対策を協議した。その結果,次の方針で対応することで合意した。

  • ステークホルダとプロジェクトとの一体感を形成する対策を取る。
  • キーパーソンによる,プロジェクトを推進する組織体を設置する。
  • ステークホルダについて,関与度と影響度のバランスを取りながらプロジェクトを進めていける関係を築く。具体的には図3の状態を目指すことを基本方針とする。

f:id:honmurapeo:20161221180506p:plain

K氏は,この方針に沿って次のような対策を考えた。
対策①:I部長から見直し委員会及びプロジェクトに対し,X社とH社との提携の意義と,X社標準システム導入の必要性を直接語ってもらう。
対策②:部長,J課長及びK氏によるPMO(プロジェクトマネジメントオフィス)を組織し,定期的に情報共有し,問題点の協議を行う。
対策③:見直し委員会でH社利用部門に対し,X社標準システムのメリットだけではなく,デメリットも併せて正しく伝えた上で,協力を要請する。
対策④:T社に対して運命共同体と認識していることを伝えて,導入後の運用を担当する視点から積極的に参加するように働きかける。
対策⑤:X社に対し,Y氏をプロジェクトのX社アドバイザ兼現地責任者として指名するよう提案する。

設問3

〔ステークホルダの望ましい状態〕について,⑴〜⑸に答えよ。

K氏が,対策1で期待した効果は何か。30字以内で述べよ。

K氏が,対策2で組織したPMOに期待した役割は何か。25字以内で述べよ。

K氏が,対策3で,見直し委員会でH社利用部門に対し,X社標準システムのメリットだけでなく,デメリットも併せて伝える必要があると考えた理由は何か。25字以内で述べよ。

K氏が,対策4で,T社について運命共同体であると認識している背景は何か。40字以内で述べよ。

K氏が,対策5をX社に提案する狙いは何か。30字以内で述べよ。

 

解答例・解説

設問3

ステークホルダとプロジェクトとの一体感を形成すること

XXX

・プロジェクトの推進役
・関与度,影響度ともに高いステークホルダ

XXX

事前に正確な理解を得て対策を共有したいから

XXX

X社標準システム稼働後の運用業務をT社に担当してもらう必要があること

XXX

・Y氏とX社の関与度と影響度を望ましい姿に変える。
・X社の影響力の行使を,Y氏を通して行う形に変える。

XXX