読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

PM 27春 午後Ⅰ 問2 設問1

問題

〔倉庫管理パッケージの選定〕
 システム化の方針を受け,倉庫管理パッケージ選定委員会(以下,委員会という)が組織された。また,倉庫管理パッケージ導入プロジェクトのプロジェクトマネージャ(PM)には,情報システム部のE課長が任命された。委員会は,業務の効率向上の推進役である経営企画部が中心となり,E課長,新倉庫の管理者及び既存2倉庫のキーパーソンで構成された。
 委員会による検討を経て,新業務プロセス案が定義された。新業務プロセス案は,業務の効率向上の観点から既存2倉庫の業務プロセスの差異を吸収するだけでなく,業務プロセスの見直しも多数実施した。既存2倉庫のキーパーソンは,定義された新業務プロセス案の大枠には合意したものの,“既存業務プロセスからの変更が多く,現場がついてこられるか不安だ。”とのことであった。この点は業務プロセス設計の段階で再評価することとなった。
 この新業務プロセス案と複数のベンダから提案された倉庫管理パッケージとの機能の適合率を調査し,検討を行った結果,適合率が最も高くベストプラクティスとして業界での評価も高いM社倉庫管理パッケージ(以下,MWSという)を選定した
 E課長は,倉庫管理パッケージ選定の過程でMWSの機能については十分に確認できたが,性能や運用面については今後確認が必要だと感じた。過去にD社では無線ハンディ端末を導入した際,稼働直前の総合テストで性能に関する問題が発見され,稼働が遅れたことがあったからである。またE課長は,プロジェクトの開始に向けてM社へ支援を依頼した。その際,D社のこれまでの開発の実績を踏まえて,MWSの製品知識に詳しいメンバだけでなく,①MWS導入のプロジェクト管理の知識と経験を有するメンバの人選も依頼した
 MWSの追加開発では,D社が現在使用している開発言語及び開発環境が利用できる。また,D社要員のスキルで十分に対応が可能であり,要員の調達のめども立っている。さらに,M社に委託した場合よりもコストが削減できるので,追加開発は自社で行う方針とした。そして,予算の制約から追加開発の上限となる工数を設定し,自社要員の投入可能工数を算出した。

設問1

〔倉庫管理パッケージの選定〕について,E課長が,本文中の下線①の依頼をした理由を,40字以内で述べよ。

 

解答例・解説

設問1

D社はソフトウェアパッケージの導入経験がないから

XXX