情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

PM 27春 午後Ⅰ 問2 設問3

問題

〔プロジェクト体制〕
  プロジェクトの体制は,業務プロセス設計チーム,MWS導入チーム,追加開発チームの3チーム編成とした。
 業務プロセス設計チームは,新倉庫の管理者と既存2倉庫のキーパーソンを中心に構成した。E課長は,③新業務プロセス案を定義したときのキーパーソンの反応から,業務プロセスの設計を行う過程で作業の進捗が滞ってしまうリスクがあると考えた。そこで,M社のメンバと相談し,D社と企業規模や業務内容が似通っており,MWSの標準機能及び標準プロセスに合わせて業務プロセスを変更し,成果を出している企業の倉庫へ見学に行き,その倉庫の管理者や実務リーダとディスカッションができるよう企画した。
 MWS導入チームは情報システム部のメンバで構成した。このチームは,業務プロセス設計チームと共同で業務プロセス設計を行った後,パラメタの設定作業と動作テストを行う。
 追加開発チームも情報システム部のメンバで構成した。チームの本格的な立ち上げは業務プロセス設計終了後であるが,チームリーダのF主任については,業務プロセス設計の段階から参加できるよう調整した。

設問3

〔プロジェクト体制〕について,⑴〜⑶に答えよ。

E課長が,本文中の下線③のリスクがあると考えた理由を,40字以内で述べよ。

E課長は,MWSを使っている倉庫を見学することによってどのような効果を狙ったのか。40字以内で述べよ。

E課長がF主任を業務プロセス設計の段階から参加できるよう調整した理由は何か。35字以内で述べよ。

 

解答例・解説

設問3

キーパーソンが,業務プロセスの変更が現場に受け入れられるか不安を抱いているから

XXX

MWSの標準機能及び標準プロセスで業務が運用できることを確認すること

XXX

・追加開発の要件を把握させ,追加開発チームをスムーズに立ち上げたいから
・追加開発の要件を把握させ,工数を見積もらせたいから

XXX