読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

PM 28春 午後Ⅱ 問2

問題

情報システム開発プロジェクトの実行中におけるリスクのコントロールについて

 プロジェクトマネージャ(PM)には,情報システム開発プロジェクトの実行中,プロジェクト目標の達成を阻害するリスクにつながる兆候を早期に察知し,適切に対応することによってプロジェクト目標を達成することが求められる。プロジェクトの実行中に察知する兆候としては,例えば,メンバの稼働時間が計画以上に増加している状況や,メンバが仕様書の記述に対して分かりにくさを表明している状況などが挙げられる。これらの兆候をそのままにしておくと,開発生産性が目標に達しないリスクや成果物の品質を確保できないリスクなどが顕在化し,プロジェクト目標の達成を阻害するおそれがある。
 PMは,このようなリスクの顕在化に備えて,察知した兆候の原因を分析するとともに,リスクの発生確率や影響度などのリスク分析を実施する。その結果,リスクへの対応が必要と判断した場合は,リスクを顕在化させないための予防処置を策定し,実施する。併せて,リスクの顕在化に備え,その影響を最小限にとどめるための対応計画を策定することが必要である。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

 

設問ア

 あなたが携わった情報システム開発プロジェクトにおけるプロジェクトの特徴,及びプロジェクトの実行中に察知したプロジェクト目標の達成を阻害するリスクにつながる兆候について,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた兆候をそのままにした場合に顕在化すると考えたリスクとそのように考えた理由,対応が必要と判断したリスクへの予防処置,及びリスクの顕在化に備えて策定した対応計画について,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べたリスクへの予防処置の実施状況と評価,及び今後の改善点について,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 プロジェクトマネージャ(PM)には,情報システム開発プロジェクトの実行中に発生するプロジェクト目標の達成を阻害するリスクにつながる兆候を早期に察知し,適切に対応することによって,プロジェクト目標を達成することが求められる。
 本問は,プロジェクトの実行中に察知したプロジェクト目標の達成を阻害するリスクにつながる兆候,兆候をそのままにした場合に顕在化すると考えたリスクとその理由,リスクへの予防処置,リスクの顕在化に備えて策定した対応計画,予防処置の実施状況と評価などについて具体的に論述することを求めている。論述を通じて,PMとして有すべきリスクマネジメントに関する知識,経験,実践能力などを評価する。

採点講評

 プロジェクトの実行中に察知したプロジェクト目標の達成を阻害するリスクにつながる兆候,兆候をそのままにしたときに顕在化するリスク,リスクの予防処置,リスクが顕在化したときの対応計画について具体的に論述できているものが多かった。一方,設問が求めたのはプロジェクトの実行中の兆候であったが,プロジェクトの計画中に察知した兆候に関する論述や,すぐに対応が必要な,顕在化している問題を兆候と表現している論述も見られた。