読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

システム要件定義

システム要件定義のタスク

システム要件定義では,システム要件の定義,システム要件の評価,システム要件の共同レビューを実施することを理解する。

システム要件の定義

システム化の目標と対象範囲

システム化の目標,対象範囲(対象業務,対象部署)をまとめることを理解する。

機能及び能力の定義

システムの機能要件,性能要件をまとめることを理解する。

システム機能仕様,レスポンスタイム,スループット

業務・組織及び利用者の要件

利用者の業務処理手順,入出力情報要件,操作要件(システム操作イメージ)の定義など,業務,組織,利用者からの要求事項をシステム開発の項目に対応させ,明確に定義することを理解する。また,開発対象システムの具体的な利用法を調査,分析して要件を抽出し,5W2H(Why,When,Where,Who,What,How,Howmuch)の観点から明確に文書化することを理解する。

性能要件,データベース要件,テスト要件,セキュリティ要件,移行要件,運用要件,運用手順,運用形態,保守要件,可用性,障害対応,教育,訓練,費用,保守の形態,保守のタイミング

その他の要件

システム構成要件,設計制約条件,適格性確認要件(開発するシステムが利用可能な品質であることを確認する基準)の定義,開発環境の検討などを行うことを理解する。

実行環境要件,周辺インタフェース要件,品質要件,機能要件,非機能要件

 

システム要件の評価及びレビュー

システム要件を評価する際の基準を理解する。また,システム要件定義書の作成後,システムの取得者及び供給者が共同でレビューを行うことを理解する。

追跡可能性,一貫性,テスト可能性,システム方式設計の実現可能性,運用及び保守の実現可能性,レビュー参加者,レビュー方式

 

関連書籍

 

過去問題

基本情報技術者

応用情報技術者

システムアーキテクト