読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

システム活用促進・評価

テキスト システム戦略

システム活用促進と評価の目的と考え方

情報システムを有効に活用し,経営に活かすために,情報システムの構築時から活用促進,普及啓発活動を継続的に行い,情報システムの利用実態を評価,検証して改善していくこと,各活動の考え方,役割,手順を理解する。

情報リテラシ

経営目標の実現を目指して,情報を安全,有効,効率的に活用するために,情報リテラシを確立することを理解する。

ビジネスモデルの実現

データ活用

情報システムに蓄積されたデータを分析し,今後の事業展開の戦略に活用することを理解する。

KM(KnowledgeManagement:ナレッジマネジメント),データマイニング,BI(BusinessIntelligence)ツール,ビッグデータ,BYOD(BringYourOwnDevice)

 

普及啓発

情報システムを活用するための教育・訓練の実施など,普及啓発活動を理解する。

システム利用マニュアル,業務マニュアル,e-ラーニング,講習会,人材育成計画,ゲーミフィケーション,ディジタルディバイド

情報システム利用実態の評価・検証

情報システムの投資対効果分析,システム利用実態を調査し評価すること,及び業務内容,業務フローの変更の有無,システムの運用状況を把握し,評価,検証して改善の方向性と目標を明確化することを理解する。また,客観的な評価,検証を行うために外部専門家を活用することを理解する。

投資対効果分析,利用者満足度,モニタリング,ログ分析,ログ監視,第三者評価・検証,学習マネジメントシステム

情報システム廃棄

機能,性能,運用性,拡張性,コストなどの観点から評価,検証した結果,情報システムやソフトウェアが寿命に達していると判断した場合には,情報システムを廃棄し,新たな情報システムの導入などを検討する必要があること,廃棄に当たっては廃棄計画を策定するなどの適切な措置を講じた上で廃棄すること,廃棄の手順と留意事項を理解する。

システムライフサイクル,減価償却,情報セキュリティポリシ,データの消去

 

関連書籍

 

過去問題

基本情報技術者

応用情報技術者

ITストラテジスト