読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

技術開発戦略の立案

テキスト 技術戦略マネジメント

技術開発戦略の目的と考え方

企業の持続的発展のためには,技術開発への投資とともにイノベーションを促進し,技術と市場ニーズとを結び付けて事業を成功へ導く技術開発戦略が重要であり,経営戦略や事業戦略と技術開発戦略との連携が重要であることを理解する。

MOT(ManagementofTechnology:技術経営),プロダクトイノベーション,プロセスイノベーション,ラディカルイノベーション,市場創生,市場価値,R&D(ResearchandDevelopment),CVC(CorporateVentureCapital)

価値創出の三要素

技術開発を経済的価値へ結びつけるには,技術・製品価値創造(ValueCreation),価値実現(ValueDelivery),価値利益化(ValueCapture)が重要であることを理解する。

技術のSカーブ,死の谷(ValleyofDeath),QCDE(Quality,Cost,Delivery,Environment:品質,価格,納期,環境)

 

技術開発戦略の立案手順

技術開発戦略の立案に先立って必要な分析の内容,核となる技術を見極め,柔軟に外部資源を活用するなど,技術開発戦略の立案の考え方を理解する。

製品動向,技術動向,標準化動向,コア技術,技術研究,委託研究,共同研究,技術マーケティング,発想法,成功事例

外部資源活用戦略

外部資源を戦略的に活用する手法,留意事項を理解する。

技術獲得,技術供与,技術提携,M&A(MergersandAcquisitions:合併と買収),産学官連携,TLO(TechnologyLicensingOrganization:技術移転機関),標準化戦略,知的財産権,早期審査制度,パテントプール,クロスライセンス,防衛特許,アイデアソン,ハッカソン

 

関連書籍

 

過去問題

基本情報技術者

応用情報技術者